Menu

© 2012 BlogName - All rights reserved.

Firstyme WordPress Theme.
Designed by Charlie Asemota.

市販ヨーグルトが便秘に効果がない本当の理由

2014年7月5日 - Author: iverson

img

 
便秘の解消方法の1つに、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を食べることがあります。
しかし、ヨーグルトを食べても便秘が解消されなかったという経験を持つ人も少なくありません。
では、どうしてヨーグルトを食べても効果がなかったのかと言うと、これは間違った食べ方をしているからです。

便秘解消のためにヨーグルトを食べることは間違ってはいませんが、何でも良いからただ食べれば良いというものではありません。
間違った食べ方としては、およそ3つのことが考えることができます。
1つはヨーグルトを食べ過ぎてしまっているケースです。
便秘を解消しようとしてヨーグルトを食べるのは良いのですが、食べ過ぎてしまってはいけません。
何故ダメなのかと言うと、ヨーグルトは身体を冷やす食べ物だからです。
身体が冷えてしまうと、腸の蠕動運動は低下してしまい、排便を促す効果が薄れてしまい、便秘となるリスクを上げてしまいます。
特に冷え性を患っている女性は気をつけておきたい要因です。
次に、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の1種であるビフィズス菌の問題があります。
ビフィズス菌は腸内の善玉菌を活性化させる働きを持っているのですが、きちんと大腸で働いてくれるものを含んでいないと意味がありません。
つまり、ビフィズス菌の質が重要になってきます。
最後の理由もビフィズス菌に関するもので、大腸まで届くビフィズス菌でなければ意味がないのです。
ビフィズス菌は酸に弱く、胃液によってその多くが失われてしまって腸にまで届きません。
そこで腸まで届いて、腸で吸収されるように改善された腸溶性と呼ばれるビフィズス菌があり、これを食べることが重要になります。

 

Comments are closed - Categories: ヨーグルトと便秘

運動不足が便秘をひきおこす

- Author: iverson

benpi

 
便秘は様々なことが原因で起こるものです。
一見して関係性のないようなことでも便秘の原因となるものもあり、その代表的な存在が運動です。
運動と便秘にどんな関係性があるのかと言うと、腸とはお腹に格納されているものですが、腸を支える骨はありません。
腸を支えるのは腹筋のみということであり、腹筋が弱くなってしまうことで、腸の位置が定まらなくなり、スムーズに便を通過させることができなくなってしまうのです。
結果、便秘を引き起こしてしまうと言え、先天的に筋量の少ない女性は特に気をつけておきたい原因の1つですね。
また、排便をするにも腹筋のサポートは必要となるので、腹筋が鍛えられているかは、とても大きな問題だと言えるでしょう。

そしてもう1つ腹筋だけではなく、運動を行うことによって腸の蠕動運動を活性化させることに繋がります。
蠕動運動とは腸が活発に動いて排便を促す運動のことであり、この蠕動運動が落ちてしまうと排便をしにくくなって、便秘になるリスクが上がるのです。
運動をすることは2つの意味で、便秘を改善させる効果があると覚えておくと良いでしょう。
また、排便が促進されずに便秘になってしまうことで、さらに便秘を引き起こすという悪循環を防ぐためにも、運動を習慣づけるようにするようにして下さい。

ただ運動と言っても、何も激しい運動をする必要はありません。
散歩をする、ストレッチをするといった軽いものからで良いので、運動を行うようにすると良いでしょう。
お風呂上がりにちょっとした体操をする、ストレッチをするくらいですと、運動が苦手な人でも苦にならないので、習慣づけてしまうことをお勧めします。

Comments are closed - Categories: 運動不足と便秘

便秘で死亡する例も?!怖すぎる便秘の実態

- Author: iverson

近年では日本人の食事が欧米化してきたことから、便秘になる人が増えているそうです。
一般的に便秘とは、3日以上便通がない状態ことを指すのですが、一方で毎日排便があったとしても、すっきりとしない排便であったり、お腹がはっている感覚が残るのなら、正常な排便ができているとは言えません。

便秘と言うと、排便がないだけであまり気にしないという人も多くいます。
特に便秘の人が多い女性の場合は、5日や6日ほど便通がなくてもあっけらかんとしている人も少なくありませんよね。
しかし、便秘が慢性化してしまったり、急性で起こってしまった場合は、大きな疾患につながる可能性があります。
特に注意しておきたいのが、大腸ガンです。
大腸ガンは発症初期には自覚症状がほとんどなく、気付いた時には症状が進んでしまっており、手遅れになるケースが多く、最悪の場合は命の危険にも関わってきます。
近年では、この大腸ガンにかかる人が増加傾向にあり、今世紀中にはガンの中では罹患者数がトップになるかもと考えられているくらいです。
早期発見することで、大腸ガンも治療できる確率が高くなってきていますので、慢性的に便秘である人は検査を受けた方が良いかもしれません。

便秘の解消には様々な方法がありますので、自分にあったものを見つけるためにも1つのものには拘らず、結果が出るのなら複数の便秘解消法を行っていくようにして下さい。
便秘が原因で病気になると信じにくい人も多いかもしれませんが、肌トラブルが起こってしまったり、体臭が臭くなったりなどの弊害もあるので、できるだけ早期に解消したいですね。

Comments are closed - Categories: 便秘で死亡する怖い例